FC2ブログ

木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナインボール

先日のカウントコールのつづきのような
話しですが、

黎明期のベースボールでは、
ボール9個で打者は1塁に
歩いたそうです。

正確には9個ぐらいでと言った方が
正しいかな。

そのころのルールではピッチャーは
バッターが打ちやすいボールを投げるように
義務づけられていました。

バッターがとても打てないような
ボールをピッチャーがだいたい3球くらい投げると
審判はアンフェアーボール(unfair ball)を宣告します。

その宣告が3回されるとバッターは
1塁に歩きます。
walkです。

その当時は、そのとき塁上にいた
ランナーすべてに一つ進塁が許されていたのです。

つまり、ツーアウト、ランナー3塁で
打者が9ボールでWALKを取ると
自動的に1点入るということです。

恐らくゲームの進行を早める目的等で
現在のフォアーボールになって
打者のみが1塁を与えられ
塁がつまっていると
ところてん見たくランナーが進塁する
今のルールに成っていたのでしょうね。

でも、このルールの方がおもしろそうだと
わたしは思うのですが…。

今のルールでの敬遠のフォアボールは
余りに守備側に有利なルールだと思いませんか?

このルールだと敬遠が減るのではないでしょうか。

「9回の裏1点リードのツーアウトランナー3塁
バッター、ラミレス」
この場面敬遠ではなくピッチャー勝負になると思うンやけどなぁ。



スポンサーサイト
  1. 2010/03/09(火) 19:53:35|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無題 | ホーム | 勝率3割3分1厘>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://thesunbeam.blog120.fc2.com/tb.php/50-71899229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。