FC2ブログ

木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野球

今年の夏も、何組かのご家族が工房を訪れてくれました。

遠くは、千葉、東京、神奈川や神戸、地元奈良からバット工房に来てくれました。

みなさんどうもありがとうございました。

夏休みの自由研究の自由研究の題材や自分にあった木製バットを直に製作したいなど
様々な目的で来られていました。

だいたいお子さまが、小学生か、中学生なので私より一世代お若いお父さん達でしたが
みなさん共通しておっしゃられていたことは、子供たちが野球の道具を大切にする気持ちを
持ってくれるのが、嬉しいということでした。
バット職人には、ありがたいお言葉です。

それと、お子さん達が野球がどんどんうまくなって成長していくことを願っておられました。

私にも息子がいるのですが、彼が小学校3,4年生の頃小学校の野球チームに所属して
がんばっていたのですが、たまに練習や試合を見に行っては、息子の鈍くさいプレーぶりを見ては
怒鳴り散らしておりました。
そのせいで息子はすっかり萎縮してしまい、「僕は野球はきらいや!」と
すっかり野球嫌いになってしまい6年生になる頃にはチームをやめていました。

野球は楽しいスポーツですよね。
それを私みたいに子供を萎縮させ嫌いにさせては駄目ですね。

FAMILY PASS TIMEとして楽しく野球をすることが一番のベースにあることが大切ですね。

そう言った意味で、工房に来られたみなさんは、すばらしいご家族でした。

これからも、ますます野球を楽しんでください。
そして、本当に野球を楽しむためには、うまくならないとおもしろくないですよね。

がんばってうまくなって下さい。

甲子園だって夢ではありません。

がんばりましょう。
微力ながら応援してます。


【少年野球?社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム
スポンサーサイト
  1. 2009/08/23(日) 14:56:43|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。