木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野球

ベースボールのルーツは、イギリスのラウンダーズとアメリカのタウンボール(そのルーツといえるワンオールドキャット(キャットは、猫のキャットではなくキャタパルト(投石器)の幼児語))もすべてトラップボールにいきつくことになります。

トラップボールは、野球の「打つ」「叩く」をまさに象徴しているもので欧米の石の文化から生まれるべくして生まれたゲームではないでしょうか。
打つ、叩くの基本は「肩」。石を叩き割る強靭な肩の文化です。

それに対し農耕民族であるわれわれ日本人は、「腰」。畑を耕す粘り強い腰の文化です。
打つことを基本とするアメリカのベースボールと、守ることを基本とする日本の野球の違いの根本の一つだと考えると、野球というゲームの奥深さやおもしろみが益々感じられます。
    < 参考文献 :野球はなぜ人を夢中にさせるのか 佐山 和夫 著 >
スポンサーサイト
  1. 2009/03/15(日) 18:20:07|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

啓蟄

今日は二十四節気の一つ啓蟄になります。

私はどういう訳か二十四節気やらなんやらよくわからないくせに
この日はやたら気にかかります。

“啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、
文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、
草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味です。

立春なんかと比べてなんかいよいよ春がくるなぁと言う気がして
ひとりでわくわくしております。

奈良では東大寺のお水取りが終われば本格的な春になると言われています。
今まさに練行衆とよばれる11人のお坊さんが東大寺二月堂で
「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めておられます。

私たち俗人はそう言った厳しいお勤めがあるわけではありませんが
それなりに厳しい世の中の現実の中日々を過ごしている訳なのですが
啓蟄はそんな日々の中、ほっとした時を思い起こさせてくれる日です。

折しも今日からWBCのアジアラウンドも始まります。
今日は早く帰ってテレビでニッポン応援します。
  1. 2009/03/05(木) 21:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球

トラップボールは、当初距離を競うのみのゲームでした。
適当な距離に線を引きそれを超えた本数を競い合いました。
前世の打球の方向性を加味されたのは、単に飛距離だけでは単純すぎてすぐ飽きてしまったものだと考えられます。
そして後にゲームはより複雑になり守備の要素が入ってきました。
そこで打者がアウトになるのは、
?二本のボールの間に打球を通せなかった場合、
?フライが直接捕球された場合、
?ゴロになった打球を守備側が捕球し、それを投げ返してトラップに当てるかトラップから1本分の距離に球を止めた場合
これでなにか一挙に野球に近づいてきた気がします。
     < 参考文献 :野球はなぜ人を夢中にさせるのか 佐山 和夫 著 >
  1. 2009/03/02(月) 18:46:35|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。