木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野球

アレクサンダー・カートライトらによって作られたべースボールの基のタウンボールは、
イギリスのラウンダーズという球技を改良したものでした。
 
そして、このラウンダーズは、主に女性によって行われていたスポーツでした。
ベースボールをナショナルパスタイム(国民余暇)と呼ばれるアメリカの国技にまで高めた
ヘンリー・チャドウィッグという人の存在があります。
ヘンリー・チャドウィッグが現在のベースボール、日本の野球の普及に貢献した一番の事柄は、
野球を賭博から遠ざけたことでした。
考えてみれば野球は、他のスポーツと比べても賭けの対象に出来る要素を数多く含んでいます。
勝ち負けはもちろん、イニングごとの点数、ヒット数ホームラン数等々、
現実に最初の大リーグといわれる「アメリカンアソシエーション」は、賭博の為に消滅しています。
その後、1876年現在の「ナショナル・リーグ」が誕生しました。
もしこの時点で野球に賭博性が高かったら、現在の日本の学生野球や高校野球は、存在しなかったかもしれません。
ある意味野球のオリジナルといえるイギリスのラウンダーズというボールゲームは、現在も
ノッティンガムにその協会があり、学校を中心にさかんに行われています。
ノッティンガムと言えばあの英雄ロビンフッドの町です。
有名なシャーウッドの森があり、そこを住み処としてロビンフッドは、活躍しました。
このシャーウッドの森の木は、トネリコやカシの木が多く、トネリコと言えばバットの素材です。
  野球との縁を感じるロケーションです。

参考文献: 佐山和夫氏著の野球はなぜ人を夢中にさせるのか―...

スポンサーサイト
  1. 2008/11/19(水) 19:46:41|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RIDLEYインプレレッション サイクルモード2008

去る11月2日、インテックス大阪で開催されたサイクルモード2008に息子が行ってきました。

彼が小学校6年生の時に2004のイベントには私が連れて行ったのですが、今回は友人2人と

出かけました。

そこでは、ロードレーサーをはじめとしてマウンテンバイクやTTバイクなど各メーカーの最新モデルが

展示されているばかりでなく、試乗も出来るということで当日色々なバイクに試乗したそうです。

なかでも彼のお気に入りの一台はリドレーのヘリウムと言うバイクでした。

DSC00708_convert_20081108190927.jpg

30分位行列にならんでやっと試乗できたそのバイクは、オーストラリア出身のカデル・エヴァンスや

ロビー・マキュアンのバイクとして有名なものです。

その特徴はまず軽い、しかし剛性であるという一見相反する二つの特徴をかね合わせていることです。

そして、ツール・ド・フランスに出場するような一流選手ばかりでなく息子のようなビギナーにも

乗りこなすことが出来る快適性も持ち合わせている優れものだと言うことです。

・相反する二つの特徴を併せ持つ。(軽くて強いバット)

・上級者の使用に耐えて、ビギナーも使える扱いやすさ

私も、野球のバットを製作していく上で1つの目指すべき方向であります。

息子の話を聞いて職人として考えさせられる一件でした。

  1. 2008/11/08(土) 19:45:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。