木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木製バット

木製バット豆知識その6


  バットに使われる木材についての話を少し。
  まずは、アオダモを漢字で青梻と書きます。別名ユバノトネリコと言います。
  モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹です。北海道、本州、四国、九州に自生。 
  バット材としては、北海道の日高地方の材が全体の40%以上を占めます。
  性質は、やや重硬で強靭、木理は通直で木目が詰まっていてキメが細かい。粘りがあって
  気乾比重が0.62?0.71。正にバットのする為の木材です。アオダモは虫が入りやすく燃えやすいので
  建築材や家具材に使われることが少なく、バット以外の用途はあまり無いのですが、成長が遅く、
  材そのものも少ないため国内産バット材としては非常に貴重な材料です。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 18:41:14|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ独立リーグ

▼独立リーグって何?
独立リーグって聞いたことがありますか?

メジャーリーグ機構に属していないリーグのことで、
アメリカ国内でリーグ戦を行うリーグは、6つです。

最近では、ドラフトされない日本人選手や日本のプロ野球をやめた日本人選手が
野球を続けたくてアメリカの独立リーグでプレーすることが結構見られるようになりました。

有名なところでは、近鉄や中日でプレーした佐野投手や
日本ハムでプレーした今関投手が独立リーグでプレーしていました。
特に今関投手は、リーグのオールスターゲームにも選出されました。

実力は、マイナーリーグで言えば2Aクラスといわれていますが、
リーグによって実力の差はあるようです。
また、あとで触れる「ロースタールール」のため、ルーキーからベテランまで選手の力に
差があるので、一概に2Aクラスともいえない面もあります。
将来のメジャーリーガーやメジャーでプレーした選手がプレーすることもあります。

最近では、歴代得点王のリッキー・ヘンダーソンが
昨年独立リーグのチームでプレーした後、ドジャースと契約しましたし、
かつての本塁打王のホセ・カンセコも独立リーグでプレーしていました。


▼歴史
歴史は古く、メジャーリーグ機構に所属しないという意味でのプロリーグは
19世紀からあったようです。

ブラックソックス事件でメジャー球界から追放となった
シューレス・ジョー・ジャクソン(ケビン・コスナー主演の「フィールド・オブ・ドリームス」に出てきた選手です)も
追放された後独立リーグでプレーしていました。

現在ある6リーグの歴史はいずれも10年くらいです。チームもある年は、
このリーグに所属したかと思うと次の年は、違うリーグに所属するということもありますし、
リーグも離合集散を繰り返しています。


先日、6月下旬には新しいサイトをオープンすると告知しておりましたが、予定が大幅にずれ込んで未だオープン出来ずにいます。
でも、作業の方も大詰めで近日中にはオープンします。
MRバットのファンの方もMRバットをご存じない方もお楽しみにお待ち下さい。

http://www.mr-takumi.jp/
  1. 2008/07/27(日) 11:28:08|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木製バット

木製バット豆知識その5


   木目について少し。
  一般に木理と呼ばれています。専門的に言うと、構成細胞や組織の
  配列、大小性状、年輪や成長輪の状態やその反映として材面にみら
  れる状態のことです。
  バットにとって大事な要素で、長さ方向に、導管、仮導管、木繊維
  等の配列が平行でまっすぐいわゆる通直木理であることが木目が通っている、折れにくい
   バットになる重要な点です。
   でもなかなか通直木理の材は少なくて、らせん木理、交錯木理、波状木理、斜走木理といった
   目切れ、ねじれ等のある材が多くあります。
  1. 2008/07/23(水) 18:13:33|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木製バット

木製バット豆知識その4

  
 今回は木の構造そのものについて少し。
 樹木は大きく三つに別けて根、幹、樹冠という部分からなっています。
 そして木材として利用するのは幹の部分です。
 もちろんバットもこの幹の部分から作ります。
 決して大きな木の太い枝で作るというようなことはありますせん。
  幹は師部(簡単に言えば皮のことです)と木部(一般にはこの部分を木材と呼びます。)に別れています。
  さらに細かく言うとこの師部と木部の間に形成層があり、この部分で細胞分裂して、外側に師部、
  内側に木部を作って木は大きくなり、太くなります。
  イメージとしては紙コップを逆さに積み重ねるように太く大きくなります。
  1. 2008/07/21(月) 16:38:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。