木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イチロー

「ファンを圧倒し、選手を圧倒し、圧倒的な結果を残す、ということです。」

1月2日に放送されたNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、
プロフェッショナルとは?と質問されたイチローの答えです。

やはり、勝負の世界で結果を残すことを求められている人の言葉は重みがあります。

私もバット職人としてプロ意識を持って日々仕事しているつもりなのですが、
圧倒的な結果を残すというような仕事に対する意識を持っているかというと
正直ないと思います。

またイチローは、ファンの人たちがいないと自分達の存在意義がないとも言っていました。

それは、まったくその通りだと思います。

職人はどんなジャンルの職人でも、自分達の仕事の結果出来上がるモノやコトなどで
喜んでくださる人たちがいてくれるから存在意義があるとおもいます。

どんなに美味しい料理を作ろうが、立派な壷をつくろうがどんな形でもそれを喜んでくださったり、重宝がって下さったり、楽しんでくださる人がいなければ存在し得ないのです。

そのことを自覚してさらに圧倒的な結果を求めているイチローは本当に凄い。

「私も、イチローのようなプロフェッショナルな職人になる。」
と、言ったら横で息子と嫁はんが鼻で笑ってました。
なんでやろ‥‥。


木製バット豆知識その3

前回はバットに使用する木材を選択する際の大きな目安になる比重が 含水率によって変ることをお話しました。
今回はその含水率についてです。含水率とは一言で言うと木材に含まれている水分の量を表す指標のことをいいます。
  (あれ、あたりまえ!説明になってない。)
  式で表すと
   含水率 U%= (木材の重量 ? 全乾時の木材重量)/全乾時の木材重量×100  

実際仕事上この式を用いて木材の全乾時の重量を測定してから含水率を測ることは不可能です。
それで 「電気抵抗式」 「高周波式」 「マイクロ波式」 等含水率を測定する含水率計があります。
  だいたい日本の場合15%ぐらいの含水率で平衡含水率といって空気中の水分と木材の中の水分がつり合いますが、 バットはを作る場合それより少し乾燥した12%位にした材を使用します。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/05(土) 14:56:02|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。