木製バット職人の独り言

日々木工旋盤に向かってバットを削る日常の中、木製バットを通して見える。野球のこと、世の中のこと、1人息子のこと、嫁はんのことに関する独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お彼岸に入ってすっかり暖かくなり
すかり春めいてきました。

この頃になると、死んだお袋が
「暑さ寒さも彼岸まで」と口癖のように
つぶやいていたことを思い出します。

お彼岸を過ぎると木材の方は
伐採の時期からはずれてきます。

実際には木材は年中切られているのですが
春のお彼岸を過ぎると樹木は
どんどん根っこから養分(水分)を
吸い上げて成長を始めます。

すると樹木の中は水分でじゅるじゅるに
なります。

これからの時期の丸太は切らないように
します。

機会があれば大きな樹木に耳を
押し当ててそっと聞いてみてください。

水が動くダイナミックな音が
聞こえますよ。

「育ってるなぁ」と感じます。

育つと言えば
この時期子供達は
進級、卒業、進学と
大きく環境を変えて成長するときです。

今日、1本ノックバットをお届けしたのですが
そのバットには卒業する
お子さん達の名前が寄せ書き風に
書かれてあって、
お世話になった監督さんへの贈り物になさるそうです。

100320_1303431_convert_20100320181723.jpg

100320_1304251_convert_20100320181909.jpg



直筆で書かれた名前を見て
樹木の成長と子供達の成長が
オーバーラップした一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 18:21:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

積層

材料のメイプル材と桧と捨て貼り用のパイン材を
必要な断面に切削する。

サイズは32x16です。

今日は30本分積層するので、
必要な枚数はそれぞれ60枚。

倉庫から自動プレナのところへ持ってくる。

いきなり削り始めてはいけません。
これから1枚ずつ検品です。

60枚の3種類だから、全部で180枚。
1枚1枚、ワレ、節、虫食い、腐れ、シナ折れ
トビ傷、散弾の弾のあと、アテ、木のキレなど
チェックする。

けっこう根気のいる作業です。
これOK,
これピン(虫食い穴)で駄目。
これ良し。
この作業けっこう好きかも。
没頭すること小一時間
終了。

それでは削ります。
プレナの目盛りを32にセットして
まずはコマ方向からただひたすらに
機械に材料を通す。
単純作業。
これあんまり好きじゃないかも。

でも、ここでいい加減なことをすると
厚みむらで接着不良を起こす原因になる。

くれぐれも慎重に。

ふぅ。やっと削り終わった。

いよいよ、積層接着です。

その為に何が必要。
もちろん接着剤。

主剤350gにたいして架橋剤52.5g
正確に混ぜ合わして
接着剤の完成。

それでは、塗布します。
ハンドローラで材料に糊を塗布。

ここでのこつは、塗るというより
載せる感覚で。

そして圧力をかけます。
100315_1954291_convert_20100315202940.gif


1回めの作業終了。
1回で5本しか貼れないので
あと4回がんばりましょう。



  1. 2010/03/15(月) 20:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

朝6時、目覚まし時計の音に目覚める。

家内はすでに起きて朝食と弁当の支度を
しているようだ。

眠い目をこすって、おもむろにゆっくりと体を起こす。

以前テレビ番組で、この年になると
不用意に起きあがるとふとしたひょうしに
ぎっくり腰をやってしまう。

そんなことを頭をよぎらせながら
ほんとうにゆっくりと体を起こす。

そして、枕元においてあるペットボトルの水を
飲む。

師匠の勧めで常温の水を一日2L飲む。

朝起きて500mlを飲み干す事が目標だ。

これがなかなかたいへんたいへん、
毎朝寝起きから目標達成のため
努力。

そして、階段を降りて仏間にいく。
途中まだ寝ている息子に一声かけて
「はよ起きや。バス乗り遅れるで。」
仏壇の前に座る。

今日一日の無事をお祈りして
朝ご飯をいただく。

一日が始まる。

  1. 2010/03/13(土) 17:27:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ナインボール

先日のカウントコールのつづきのような
話しですが、

黎明期のベースボールでは、
ボール9個で打者は1塁に
歩いたそうです。

正確には9個ぐらいでと言った方が
正しいかな。

そのころのルールではピッチャーは
バッターが打ちやすいボールを投げるように
義務づけられていました。

バッターがとても打てないような
ボールをピッチャーがだいたい3球くらい投げると
審判はアンフェアーボール(unfair ball)を宣告します。

その宣告が3回されるとバッターは
1塁に歩きます。
walkです。

その当時は、そのとき塁上にいた
ランナーすべてに一つ進塁が許されていたのです。

つまり、ツーアウト、ランナー3塁で
打者が9ボールでWALKを取ると
自動的に1点入るということです。

恐らくゲームの進行を早める目的等で
現在のフォアーボールになって
打者のみが1塁を与えられ
塁がつまっていると
ところてん見たくランナーが進塁する
今のルールに成っていたのでしょうね。

でも、このルールの方がおもしろそうだと
わたしは思うのですが…。

今のルールでの敬遠のフォアボールは
余りに守備側に有利なルールだと思いませんか?

このルールだと敬遠が減るのではないでしょうか。

「9回の裏1点リードのツーアウトランナー3塁
バッター、ラミレス」
この場面敬遠ではなくピッチャー勝負になると思うンやけどなぁ。



  1. 2010/03/09(火) 19:53:35|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝率3割3分1厘

「天国(優勝)と地獄(最下位)を体験した」

1985年優勝した阪神タイガースの
2年後の1987年の最下位になった
時の勝率が .331だったそうです。

連日のラジオの話題なんですが
元タイガースの監督だった吉田義男さんが
トーク番組で話しをしておられました。

いつ監督をやめようかずうっと考えて
采配を振るっていらしゃったようですが
最後に
「130試合終わって正直、ほっとしましたわ」
当時を振り返っておられました。

そして、
「途中で投げ出さないで最後までやりとげた
ことが、その後の人生に大きくかかわってきましたわ。」
ともおしゃっていました。

タイガースを唯一日本一に輝かした85年より
たった.331しか勝てないで最下位になった
シーズンをやり遂げた事の方が、深い意味があるような
お話でした。

もちろん、2年前の氏いわくの「天国」があっての
このお話でしょうが
含蓄のあるお話だと思いませんか?
  1. 2010/03/08(月) 19:13:19|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウントコール

「スリーボール、ワンストライク!」

「今年からプロ野球では、カウントコールを
メジャーと同じくボールカウントを先にコールして
ストライクカウントをコールするようになります。」

昨日、車でラジオを聴いていたら
そのような話しをしてました。

「へーそうなんだ。」

野球の話題なので何となく聴いていたら
少し興味深い話しをしてました。

「なんでアメリカではボールカウントを
先にコールして、日本ではストライクカウントから
コールするの?」

「それは、野球のみかたの違いなんです。」

「アメリカでは野球を攻めるゲームとして
みていて、日本では守るゲームとして見ている。」

たしかそんなような話しをしてました。

攻める側から見るとバッターがいかに
攻めやすい状態にいるかにまず関心があるので
ボールカウントを先にコールし
守る側から見るとピッチャーがいかにバッターを
追い込んでいるかに関心があるのでストライクを
先にコールするらしいです。

なんかわかったようなわからないような話しですが、
本当はもっといろいろなことが話されていました。

その話しの中で、
「アメリカでは野球を攻めるゲームとして
みていて、日本では守るゲームとして見ている」
というたとえ話として

「おーい野球やろうぜっ!」
と声をかけたら

アメリカ人の子供はバットを持ってくるし
日本の子供はグローブ取りに走って行くらしいです。

おもしろい。

DNAに刷り込まれた文化の違いなんでしょうか?




  1. 2010/03/07(日) 18:09:57|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月5日

今日は横切りの機械のチップソーという丸鋸を
交換しました。

1_convert_20100305194901.jpg

まっさらのやつに交換したので驚くほど
よく切れます。

2_convert_20100305195401.jpg

やはり刃物は切れてなんぼのもんです。

バットは振り抜きやすくはじきが良くて
なんぼのもんですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/03/05(金) 19:58:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球

今年の夏も、何組かのご家族が工房を訪れてくれました。

遠くは、千葉、東京、神奈川や神戸、地元奈良からバット工房に来てくれました。

みなさんどうもありがとうございました。

夏休みの自由研究の自由研究の題材や自分にあった木製バットを直に製作したいなど
様々な目的で来られていました。

だいたいお子さまが、小学生か、中学生なので私より一世代お若いお父さん達でしたが
みなさん共通しておっしゃられていたことは、子供たちが野球の道具を大切にする気持ちを
持ってくれるのが、嬉しいということでした。
バット職人には、ありがたいお言葉です。

それと、お子さん達が野球がどんどんうまくなって成長していくことを願っておられました。

私にも息子がいるのですが、彼が小学校3,4年生の頃小学校の野球チームに所属して
がんばっていたのですが、たまに練習や試合を見に行っては、息子の鈍くさいプレーぶりを見ては
怒鳴り散らしておりました。
そのせいで息子はすっかり萎縮してしまい、「僕は野球はきらいや!」と
すっかり野球嫌いになってしまい6年生になる頃にはチームをやめていました。

野球は楽しいスポーツですよね。
それを私みたいに子供を萎縮させ嫌いにさせては駄目ですね。

FAMILY PASS TIMEとして楽しく野球をすることが一番のベースにあることが大切ですね。

そう言った意味で、工房に来られたみなさんは、すばらしいご家族でした。

これからも、ますます野球を楽しんでください。
そして、本当に野球を楽しむためには、うまくならないとおもしろくないですよね。

がんばってうまくなって下さい。

甲子園だって夢ではありません。

がんばりましょう。
微力ながら応援してます。


【少年野球?社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム
  1. 2009/08/23(日) 14:56:43|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰です。

「鳥は蒔かず、耕さず、働かずされど神はそれを生かし給う。」

という聖書の一節の話しが、あるインタビューCDをきいておりましたらありました。

鳥は世の中の落ち穂をついばんで生きている。

何の生産性も無いけれど、鳴き声が美しかったり、羽が鮮やかだったりする事で
生きる意味がある。
世の中がそれを許しているということです。

出来た作物を全部刈り取らず鳥たちのために落ち穂を残しておくのです。

わたしは、木製バットを作って生業としているのですが、まさにこの鳥のような
存在だとじぶんで思います。

まさに、平和な世の中で、みなさんが野球をすることに社会的な差し障りがなく。
そして、みなさんもご自分や息子さん(最近は娘さんも)が野球をする経済的、
時間的余裕があって始めて私の生業がたつのです。
まさに落ち穂をついばむとりのようやなぁとインタビューを聴きながらかんがえておりました。

日本もほんの50年ほど前は戦争の真っ最中で野球どころの騒ぎではありませんでした。
今も世界のどこかでは紛争や貧困が原因で野球の出来ないところがたくさんあります。

ある雑誌でボールの小さな球技は裕福で無ければ出来ないと読んだことがあります。
たしかにゴルフやテニスも裕福の象徴のようなスポーツです。
大きな球ならなくすことも無いですが球が小さいとすぐ無くなってしまいます。

野球がサッカーに比べて世界的な普及につながらないのはこういうところにも原因が
あるのではないでしょうか。

とりとめのない文章になりましたが、
世の中が鳥のために落ち穂を残しておくゆとりのある世界であり続けますように。

これからもみなさんが思いっきり野球が出来る世の中であり続けますように。






  1. 2009/06/07(日) 20:33:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球

先日ある元プロ野球選手の方とお話できる機会がありました。

その時面白い話が聞けましたので一部紹介します。

それは、勝ち続けることと、勝つことは違うという意識が重要だということです。

このことが指導者にとってチーム作りをするうえで、一番最初にするべきマインドセットなのだそうです。

そして、勝ち続けるためにしなければならないことは、基本練習です。

常勝チームを作るには基本練習をしっかりやることが大切で、ただ勝つために必要なのは作戦です。

弱いチームが勝つためには作戦を立て、その作戦を実行する為に特化した練習が必要です。
基本練習は、余った時間で個人で行うようにします。

常勝 巨人や中日や西武は、基本練習をしっかり行い、昨年までのオリックスや楽天は勝てる試合を必ず勝つために作戦を立て、練習するのだそうです。 

今年は、オリックスも楽天も強いですね。
はたして、これは作戦のたまものなのかそれとも常勝チームになるべくしてなっていく
緻密な基本練習のたまものなのか。

これからが楽しみです。
  1. 2009/04/30(木) 20:36:53|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MR向日葵

Author:MR向日葵
いつのまにか中年ど真ん中にいる自分に気がつく今日この頃、
チョイ悪親父なんてこの間まではやってたけど、そんな世間の
浮いた話とは全く関わりなく、もくもくと人生やってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。